新型コロナウイルス感染症の拡大感染を防ぐ対策

旅 travel

こちらでは、新型コロナウイルス感染症の感染を防ぐ対策をための対処法が書いてあります。

基本的には、コロナ保菌者の飛沫感染等により感染するケースが大半で、風邪や他の病気のケースもあるので、参考としてください。

今回のブログでわかること。

味覚・嗅覚異常

 味覚異常、嗅覚異常は具体的にどのような症状がというと、
物を食べているのに味が感じない、食べ物の臭いが分かりにくいというものなります。
これは、鼻の奥の方にあり嗅覚を司る嗅細胞にコロナウイルスが感染することによって
嗅細胞が障害を受けて、出てくる症状となります。嗅覚に障害を受けた方は味覚の障害
も合併することが多く、嗅覚が障害された故に味覚の障害を設けていることが考えられ
ます。

BCC NEWS JAPAN

頭痛

咳やのどの痛みなど上気道症状が目立つコロナウイルスですが、頭痛も症状のひとつに
なります。とあるサッカー選手が練習後に頭痛を感じ、検査をしたところコロナウイルス
に感染していたという旨の発表をしており、頭痛がコロナウイルスに関係しているという
ことを知った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

BCC NEWS JAPAN

発熱

「息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合」
「 重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合」「上記以外の方
で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合また、発熱があった場合には他の症状が
なくてもコロナウイルスに感染していると考え、仕事を休んだり、外出を自粛したりして、
マスクを着用して過ごすようにしましょう。

BCC NEWS JAPAN

筋肉痛・疲労感

新型コロナウイルスに感染すると、身体がウイルスと戦いやすくするために体温を高くします。
人は、筋肉の運動によって体温を作り出すため自分の意志と反して筋肉が収縮や拡張を繰り返し、
体温を上げていきます。これが風邪をひいて熱が出るときに起こる悪寒です。身体が意志に反し
て筋肉運動を行うため、筋肉痛や関節の痛み、疲労感が起こると考えられます。まだ熱は出てい
ないけれど筋肉痛や関節痛、疲労感が起こっているという方はこれから発熱が起こる可能性があ
ると考えておくとよいでしょう。

BCC NEWS JAPAN

咳・息切れ・呼吸困難感

咳や息切れ、呼吸困難感は新型コロナウイルスの代表的な症状であると言えます。コロナウイ
ルスは今回世界的な流行を見せているCOVID-19(コビッド・ナインティーン)以外に6つほど
の種類がありますが、全て呼吸器系に症状をきたすウイルスです。咳が長く続く、少し動いた
だけで息が切れる呼吸がしにくい、息苦しいといった症状が出現するのが新型コロナウイルス
の特徴であり、発熱等がなくてもこれらの症状で新型コロナウイルスに感染していることが分
かった方もいます。

BCC NEWS JAPAN

GO TO トラベルの旅行

 私自身もコロナ禍が始まった当初は、外出を控えていましたが、今は、ゴートラベルを利用して格安の旅行を

楽しんでいます。

高山

下呂

温泉地を中心に廻っています。

以前は、高山も外人が多かったのですが、今は本当に少なくなりました。

旅行には本当に良い時期です。

コロナも怖いですが、知識を身につけ素敵な旅行をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました