【2021年度版】 英語のエッセイの書き方

言語 language

英語のエッセイの書き方【分かりやすく解説します】

【2021年度版】 英語のエッセイの書き方

 英語のエッセイを、書いてみたい でもどのように書けばいいんだろう・・。
このように、英語のエッセイを、書き始められないことで、悩んでいませんか?


 実は、この記事で紹介する『英語のエッセイの書き方』を実践すると、
誰でも簡単に英語のエッセイが書けるようになります。


 なぜなら、僕も実践してみて英語の日記(エッセイ)が書けるようになったから
です。 この記事では、英語のエッセイの書き方をポイント3つに分けて紹介して
いきます。 記事を読み終えると、あなたも英語のエッセイが書けるようになりますよ。

英語のエッセイを書いてみよう

  1. 必要なもの(使うツール)。  
  2. 日本語で考える。
  3. 英語に翻訳する。

 必要なもの(使うツール)
 ・英語辞書 わからない英語を日本語から置き換えるために
必要なツールになります。 電子辞書と書籍辞書がありますが、
エッセイを書くためであれば、アンダーラインを引くことがで
きる、書籍の辞書の方が良いでしょう。
 ・ノートと筆記具 こちらは、1−2で説明します。
 ・パソコン 清書したエッセイを保存する為に必要です。
 また、英語の検索でも使います。 スマートフォンだけでは、
清書を打ち込みが困難です。


 日本語で考える
 英語のエッセイを書く順番としては、まず日本語で書きましょう。
まずは簡単な日本語を短文を書き出します。

 英語に翻訳する。
 次に、出来上がった日本語のエッセイを、英語に翻訳します。
この時、翻訳に迷った時は、先ほどの述べた購入した書籍の辞書
を使い翻訳をしています。 最後に出来上がったら、再度見直しパ
ソコンに清書をして完成です。

英語の日記を書いてみよう

英語の日記の書き方もご紹介いたします。 作り方は、エッセイと殆ど同じです。

  1. 必要なもの(使うツール)。  
  2. 日本語で考える。
  3. 英語に翻訳する。

 必要なもの(使うツール)
 書籍の辞書とパソコンと紙と筆記具です。


 日本語で考える。
 英語の日記を書く時も同じように、まず日本語で書き始めることから始めます。
こちらは、週に1回、3ヶ月続けてください。 そうすると、どんどん上達して
行きます。


 英語に翻訳する。
 日本語で書いた日記を英語に翻訳します。 これは、必ず毎週行なってくださ
い。 日本語で書いたままで放置してはいけません。 最後にパソコン清書を打
ち込んで、完了です。

まとめ

 

 いかがだったでしょうか。 英語のエッセイも英語の日記もまずは、日本語から
書いて、その後英語に変更するのが正しい手順です。
 英語は必要なスキルです。 これを読んだら、今日からあなたも、英語の日記を
習慣にしましょう。

言語 language
スポンサーリンク
魔法をフォローする
魔法の部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました